8月のコラム

「基本を忠実に」2021年7月31日

「懐肥やすな、土肥やせ」


 四国・坂出の三金時とは、①金時人参、②金時いも、③金時みかんだが、これを大事に育てている農夫の言葉である。目先の利を追わず、基本に忠実であることは、どの世界にも通じる原則であろう。

 オリンピックが始まり、連日、熱戦が繰り広げられている。勝っても負けても、全力で挑む選手たちの一途さには、胸を打たれる。勝者の歓喜の叫びも良いが、敗者の悔し涙に、もらい泣きしてしまう。

 ここに来るまで、どれほどの努力を重ねて来たか。五年間、愚直に練習を続けて来た結果が出たのだ。

  メダルに輝く選手が、頬を紅潮させて、「努力は報われる」と言う言葉には素直に頷ける。

 人生も、毎日の積み重ねが将来を決める。さあ今日も、せっせと私の土を耕すことにしよう。
 

内川寿造牧師.JPG

内川寿造牧師