4月のコラム

「桜咲く」

2022年3月30日

 旭川沿いの桜は、まだ咲き始めだが、後楽園内の桜は満開だった。
 ソメイヨシノを中心に、約60本の桜林は、淡いピンク色に染まり見応えがあった。やはり春は桜。見ているだけで心が暖まる。四季の移り変わりを楽しめる日本に住む幸せを感謝したい。

 毎週土曜日、柿山チャペルに出かけるが、その往復もうれしい。山の景色が変わって行くのだ。枯れ茶色がうすい灰色になり、この頃は新芽がほんのり薄赤く見える。やがて柔らかな緑に変わって行くことだろう。
 教会の庭の草花も、よく手入れが届いていて元気いっぱいである。見ているだけで心が晴れる。

 春は、新しい出発の時でもある。入園、入学、進学、就職、転勤など、心躍る変化が待っている。せっかくのチャンス、自分を変える時としたいものだ。

 

 教会の春は、イースター(復活祭)である。主イエス様が、十字架の死後、三日目によみがえられたのである。死は勝利に飲み込まれた。死で終わりではない。死は新しい生命の始まりである。
 今年のイースターは4月17日(日)。御津の柿山チャペルで合同礼拝を行い、午後はBBQを楽しむ。あなたもいらっしゃいませんか。詳しくはTEL086-252-7553にお問い合わせください。

内川寿造牧師.JPG

内川寿造牧師