top of page

2023年12月10日 礼拝

説教概要

インマヌエルの神はどこに

小泉 智牧師

マタイによる福音書 1章18~25節

ヨセフとマリヤの別れ。理由をはっきりさせず、黙って自分が身を引く。理由はマリヤの妊娠です。聖書は処女降誕に多くの言葉を費やしません。むしろ焦点は正しい人ヨセフの悩みです。深刻な悩みなら誰にも相談せず、孤独に抱え込むものです。

 

ヨセフは責められるでしょう。彼は秘密を守り自ら犠牲になる覚悟です。聖霊がもたらした悩みです。正しい人だからこそ厄介さが起こるのです。決して神が見棄てたのではない。聖霊が何かを起こそうとしておられるのです。

 

天使が夢で神の言葉を告げます。聖書では夢はしばしば神と出会う場。おそれるなは旧約以来の召しの言葉です。マリヤの配偶者と幼子の父としての選び。ヨセフなりの最善策とは違う方向に導く神の促しでした。

 

召しに従おうとする時、自分の思いが取り扱われます。その結果、主イエスさえ遠ざけようとする決心が止められる。自分の正しさをどこまでも主張しようとする時、無意識に人生から神が排除されるのです。実際には私たちが望まぬ道への神の導きもあります。

 

神ともにおられると言いたい時があります。自分の主義主張を強く訴えたい。自分の正しさを証明したい。しかし声高に語るほど違う意見が無視されます。排除と分断が起こります。そこに神はともにおられるでしょうか。

 

神ともにおられるのは声の小さい人や異なる立場の人が安心して居場所のある寛容さのある場です。異なる存在の男女。男女に限りません。自分の意見で相手をねじ伏せようとしても平行線です。神ともにおられるなら違いを喜び異なる賜物が生きます。互いに敬われ、労わられ合うでしょう。インマヌエル。神はそこにおられます。

先週の説教概要

bottom of page