top of page

2023年12月24日 礼拝

説教概要

​星に導かれた場で

小泉 智牧師

マタイによる福音書 2章1~12節

主イエスがユダヤのベツレヘムで生まれるのはミカ書の預言からです。しかし、礼拝へと導かれたのは、聖書に通じたユダヤ人ではなく、はるか東方から旅する星の専門家です。当時の占星術師。星が運命を握る体系を信じ、救いから遠いところにいると思われるような他宗教の人をも神は救いへと招かれます。

 

きっかけは星の研究です。後にベツレヘムの星と呼ばれる星の正体を突き止めるのは無意味です。当時はどの宗教も星は霊的な天使の一種とみなすからです。しかし、自分の興味と関心に夢中になって、人生の一歩を踏み出す点は、私たちもあてはまります。

 

彼らがユダヤ人の王が生まれるのは王宮だと考えても無理はありません。しかし、そこは主の生まれる場ではありません。導かれたのはベツレヘムの小さい家です。長い距離を旅した目的地にしてはあまりにもお粗末な場所です。

 

私たちも自分なりの興味と関心に人生が引っ張られます。どこかで主イエスと出会い信仰生活に導かれる。但し、必ずしも自分の願った通りのところにたどり着くとは限りません。こんなはずではなかったとがっかりすることもあるでしょう。

 

しかし彼らはこの上もなく喜びます。事実、博士たちはその場で主を礼拝し贈り物を捧げるのです。帰途に着くその後は夢に現れた神の言葉に従って行動するように変えられます。

 

私たちは私たちが導かれた場所でしか主とお会いできません。たとえ人生が思い通りに進まなくても、私たちが立つ現実のその場こそが主を礼拝する場です。この1年が思うようにいかなかったとしても、私たちが礼拝へと招かれたことを喜ぶなら人生は変えられます。神の言葉に従って歩むように方向づけられていくのです。

先週の説教概要

bottom of page