2022年11月20日礼拝会

説教概要

偉大なる聖なる者となるために

長谷川忠幸師(境港キリスト教会牧師)

民数記 8章5節~14節

 説教の中では語り切れない民数記に関する知識を一つ紹介したいと思う。


 これまで民数記1-8章までを見てきたが、1-10章までは次の図のような構成がなされている。

 

 

 この図を見てわかるように、1~10章の枠組みを12部族のトピックで構成し、その内側の枠組みをレビ人のトピックで構成している。これは、幕屋を中心とした聖なる陣営の配置と同じ構成となっている。
 つまり、民数記は、幕屋を中心とした聖なる陣営を構築することとは、その中心にある主の律法の掟を正しく守り行う生活だということを教えようとしているのである。


 5-6章の掟は、宿営の外に出されるような民を清め、祝福する神について教えている。私たちも、罪の穢(けが)れの中にある者を慈しみ、命の祝福のために従事する聖なる生活をするべく、今日も新しい信仰を祈り求めよう。